長年の猫背と巻き肩 ─ N様(41歳・女性)

猫背の女性

Nさん(41歳・女性・教員)は、子供の頃から猫背と巻き肩があり、親だけでなく学校の先生からもよく注意されていたとのことです。これまで気になりながらも本格的に猫背の矯正に取り組んだことはなく、ついに40歳を超えてしまいました。そろそろ真剣に姿勢を治したいと思い、当院にお見えになりました。

通常ですと、20代であれば4~8回くらいの矯正でかなり改善しますが、40代ですと個人差もありますが、7~10回くらいは最低かかることをお伝えしました。
 
猫背と巻き肩以外にも首の痛みと腰痛があります。首は上を向いた時に痛みがあり、腰は立位で後ろに反らした時に痛みが出ます。
 
(施術↓)
 
脚長差はありませんが、背骨と胸郭の可動性が悪く、呼吸までかなり浅くなっていました。ですので、単に背骨と肩の矯正だけではなかなか変化しないと判断しました。
 
まずは、硬くなっている全身(主に胸郭)の関節に適度な可動性を付け、凝り固まっている筋肉をほぐします。全身の可動性がある程度回復してきたところで、ようやくメインの矯正に入ります。
 
猫背の矯正は、特に猫背の「頂点」になっている第2胸椎と第7胸椎を前方に押し込む方向に矯正。巻き肩の矯正は、単に肩を外側に広げようとしてもなかなか広がってくれるものではありません。ですので、当院では少しクライアントさんにはお手間をかけさせますが、体幹を動かしていただきながら徐々に肩を広げていく矯正を行っています。この方が確実に改善していきます。
 
腰と首の施術も行い、痛みは消失。呼吸を深くする施術を行い、こちらも改善。
 
施術が終わって姿勢のチェックをすると、姿勢がかなり改善しています。
 
1回目の施術で姿勢が良くなっても、初めのうちは元の悪い姿勢に戻ろうとします。これは、脳と筋肉が元の状態を覚えているからであり、元の状態が正常だと勘違いしているからです。しかし矯正を繰り返していくと、脳と筋肉が新しい情報を覚え、書き換えてくれるのです。そうすると、そうそう元には戻りません。
 
初回の施術であまり変化が見られないクライアントさんも少数ですが時々いらっしゃいます。このようなクライアントさんは、変化がみられるまでかなり回数がかかります。Nさんの施術後の姿勢を見ると、明らかに改善しています。ですので、初めのうちは少し戻るとしても、割と早く改善することが分かります。
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
現在、間隔を詰めて(おおよそ週に1回)4回お越しいただきました。猫背と巻き肩については、41歳にしてはかなり順調に改善しています。首は良好です。腰は痛い場所が移動しつつまだ残っていますが、確実に軽減しています。あと数回の施術で良い姿勢が定着するでしょう。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)