肩と首の痛み ─ Y様(50歳・女性)

左肩の施術

ヘルパーのお仕事をされているYさん(50歳・女性)は、ここ数ヶ月、左肩の痛みが続いているとのことで来院されました。腕は挙がるには挙がるのですが、強い痛みが出るとのことです。

また、首にも慢性的な痛みがあり、特に上を向いた時と、左右に頭を倒した時に強く痛みが出ます。これは、約20年前に交通事故で後方から追突されたのが原因ではないかとのことでした。交通事故に遭うまでは、肩こりなど感じたことはなかったそうですが、事故以来、肩こりも続いているそうです。

今回行った施術

脚長差を検査すると、右足がやや短い。腰椎に少し捻じれがあるので、こちらを矯正すると足の長さはそろいました。上部胸椎に複数のゆがみ(サブラクセーション)があるので、こちらをひとつひとつ慎重に矯正。第1胸椎と第8胸椎にわずかに部分猫背あり。これも矯正。胸郭に正常な可動性がなくなっているので、胸郭モビリゼーションで適度な可動性を付ける。

第2頚椎にもサブラクセーションあり。矯正。20年前の交通事故の際に生じたものかもしれません。頚椎が全体的に詰まっているというか、可動性が乏しいので、頚椎全体に牽引テクニックを施す。
 
左肩の痛みの直接的な原因は棘下筋に形成されたトリガーポイントでした。なぜここにトリガーポイントが形成されたのか、はっきりとは分かりませんが、多くの場合、筋肉の使い過ぎでトリガーポイントは形成されるので、過労によるものだと思われます。トリガーポイント療法と棘下筋のストレッチを施す。

施術後のチェックならびにアドバイス

施術後、左肩の痛みは完全に消失。首をあらゆる方向に動かしても一切痛みは出ません。肩こりもなくなりました。1回の施術であまりに劇的につらかった症状が改善したのでYさんは驚いておられましたが、初めは症状が少し戻ることがあるので、あと数回は間隔を空けずに施術を受けられることをお勧めしました。
 
また、棘下筋のストレッチとラジオ体操を日課にされることをお勧めしておきました。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)