突然のぎっくり腰 ─ Y様(50歳・主婦)

folder施術レポート

腰痛の女性Yさん(50歳・主婦)は元々は看護師さんでしたが、ご主人の転勤に伴い現在はお仕事はされていません。ある日、突然ぎっくり腰になり歩くのも困難になったとのことで、翌日当院にお見えになりました。

今日は昨日に比べて少しはマシということですが、ご近所とはいえ、歩いてここまで来られるかとても不安だったそうです。歩いているところを見る限りでは、誰かに肩を貸してもらった方が良いのではないかというくらい痛々しく見えます。これでもマシになった方とおっしゃるので、昨日は一体どれほど痛かったのでしょうか?
ソファに座る習慣があるためか、これまでもぎっくり腰を繰り返しているそうですが、今回は随分久しぶりだということです。

運動は、週に3~4回のウォーキングをされています。

初回の施術~ぎっくり腰の施術は改善を焦るとかえって危険

初日はわずかな立位体前屈も、後ろに反らすのも全然できないくらいの激痛があります。こんな状態の時には、絶対に改善を焦って無理な施術をしてはいけません。ぎっくり腰は腰部の筋肉あるいは筋膜に炎症(微細なキズ)が起こっているケースが多いです。そんな状態で無理な施術をするとかえって傷口を広げてしまい、患者さんはつらい上に改善が遠のいてしまいます。ですので、ぎっくり腰の施術は焦らず慎重に慎重に進めていく必要があります。

初日は、仰向けあるいはうつ伏せにしてしまうと、起き上がるときにとてもつらい思いをさせてしまうことが予想されるので、今回は立位または坐位でできる施術だけをさせていただきました。

立位で、腰部と腹部の過緊張を取り除き、体幹の筋群の協調性を取り戻すテクニックを施します。
続いて坐っていただき、腹横筋の過緊張をさらに緩めていきます。
腰部・腹部の過緊張がある程度緩んだところで「動体療法」の出番です。動体療法で仙骨と腰椎の施術をし、再度、腹横筋の緊張をゆるめ、さらに仙骨を微調整しました。仕上げに腰部にキネシオテープを貼りました。

歩いていただくと、施術前よりはいくらか歩きやすくなっているとのことです。急性期のぎっくり腰はこんなものです。炎症が絶好調で起こっているので、そんなに劇的に痛みは減りません。

ここで効果を出そうと思って、焦っていろいろやってしまうと逆効果です。初回の施術はこのくらいの効果で良いのです。後からじわじわ効いてきますので。

2回目以降の施術~炎症さえ治まれば踏み込んだ施術もOK

2回目は翌日にお越しいただきました。昨日よりは良好とのことです。施術内容は初回と同様です。

3回目はその3日後にお越しいただきました。かなり改善していて、日常生活においてはほとんど痛みはないようです。
今回はもう少し踏み込んだ施術を行いました。仰向けに寝ていただいて両膝を曲げ、他動的に両膝を胸に近づける動作と、両膝を左右に倒すときの動作で少し痛みがあります。これを動体療法で丁寧に解放していきます。
最終的にどのように動いても痛みはなくなりましたので、これでひとまず完了ということになりました。
今後はできるだけ定期的にメンテナンス施術を受けられることと、坐り方を見直すことをお勧めしました。

(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)