腰痛と首の痛み ─ H様(52歳・男性・会社員)

腰痛で腰を押さえる男性
Hさん(52歳・男性・会社員)は、腰痛と首の痛みでお見えになりました。Hさんは、以前は首の痛みと頭痛があり定期的に当院に通っておられたのですが、3年半前に当院が現在の場所に移転してからは久しぶりのご来院となりました。以前は腰痛は訴えていなかったのですが、今回は珍しく腰痛が特にお辛いようです。

立位で前屈をすると右の腰に痛みが出ます。また、仰向けの状態から起き上がろうとしても同様に右の腰に痛みが出ます。
首については、左方向に振り向いた時に首の左側に痛みが出ます。
いずれも長時間のデスクワークが原因ではないかと思われます。

今回行った施術の概要

骨盤には幸い問題はありません。
但し、以前もそうだったのですが猫背の傾向が強くあります。猫背はデスクワークの宿命ともいえるもので、ある程度は仕方がありません。

今回久しぶりの施術ということもあり、いきなり矯正しても関節がスムーズに動いてくれないと判断し、まずは入念に背骨や胸郭の“緩和操作”を行い、適度な可動性の回復を図り、その上で慎重に猫背の矯正。

次に頚椎の矯正。頚椎は第2頚椎が右後方変位を起こしていました。第2頚椎の棘突起に人差し指をコンタクトし、棘突起を左から右方向に回旋させながら矯正を行います。久しぶりの矯正なので、できるだけソフトに慎重に(というか矯正はいつもソフトかつ丁寧に行っておりますのでご安心ください)。

施術後のチェック

腰痛については、立位体前屈も仰向けから起き上がるときも、痛みが半分以下に減っていました。残りの痛みは「動体療法」を使います。
一番の悩みだった立位体前屈の痛みについては完全に取り除くことが出来ました。
仰向けから起き上がるときの痛みはほんの少しだけ残ったようです。こちらは次回の施術に期待!

首の痛みについても、左方向に振り向いた時の痛みはわずかに残る程度で、こちらも動体療法で完全に消失。

今後は、以前の様にできるだけ定期的に施術を受けられることをお勧めしました。

カイロプラクティックと動体療法は相性抜群!

当院では、腰痛、首の痛み、肩の痛み、股関節の痛み、ひざの痛み、etcに対する施術として、カイロプラクティック(骨盤・背骨の矯正、関節の調整)だけでなく、筋肉に対する施術も行います。その方がトンネルを両側から掘るように早く改善します。

筋肉に対する施術法はいくつか採用していますが、最近ではもっぱら「動体療法」という優れた施術法を用いています。
動体療法は、カイロプラクティックから派生した「アプライドキネシオロジー」というテクニックを応用して考えられた施術法で、主に筋反射を利用した施術や筋膜リリースを軸としたテクニックになります。
私が今まで試してきた中でも、カイロプラクティックと動体療法の相性は抜群です!

また動体療法の進化系で頭蓋骨を調整(2分以内)し、全身の筋肉を一気に正常化させるというテクニックもあります。こちらは、前回の記事の中でも書きましたので、良かったらチェックしてみて下さいね。

どこに行っても良くならなかったあなた。是非当院のカイロプラクティック施術と動体療法をお試しください!

(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)