立ったり座ったりするときに腰が痛い ─ D様(38歳・男性・会社員)

腰が痛くて顔をしかめる男性

Dさん(38歳・男性・会社員)は営業職で、車の運転とデスクワークで一日中ほぼ座りっぱなしになるそうです。
久しぶりに仕事で忙しい日々が続いたせいか、4~5日前から腰が痛くなったそうです。特に立ったり座ったりなど、体勢を変えるときに痛みが強く出ます。
これまでも数年前から不定期に腰痛を繰り返しているとのこと。
今回の痛みは仕事にも影響するので何とか治したいと思い、知り合いに紹介されて当院にお見えになりました。

また猫背も強く、こちらも矯正してほしいとのこと。

初回の施術

今回は痛みが激しく、猫背をはじめとした骨格のゆがみの矯正は最小限にして、まずは支障なく仕事ができるように腰痛を何とかしてあげなくてはなりません。

特にどのような動きの時に痛みが強く出るのかを検査すると、

  • 立位体前屈
  • 仰向けに寝て、他動的に右足をひざを伸ばしたまま持ち上げる途中
  • 仰向けで両膝を立てて、両膝を左に倒した時
  • 仰向けで両膝を立てて、両膝を抱える方向に他動的に持ち上げた時

以上の動きで、特に腰の右側に痛みが出ます。

取り合えず、「NEW動体療法」という顎関節と頭蓋骨を調整するテクニックを試すと、わずか2分足らずの調整にもかかわらず、上記の痛みすべてが大幅に軽減しました。
NEW動体療法は、瞬間的に患者さんの自然治癒力を正常に戻すことが可能な施術法です。
もし、自然治癒力が下がったことが原因で生じている痛みであれば、今回のケースのように劇的に効果が出ます。

残った痛みも、いつもの「動体療法」で調整すると、さらに痛みが軽減しました。
歩くだけでも痛かったのが、歩く分には全く痛みが出なくなりました。

2回目の施術

2回目は翌日にお越しいただきました。
痛みは随分と軽くなったようですが、動きによってはまだ少し痛みが出るとのこと。
昨日の施術と同様に、NEW動体療法~動体療法を施して痛みの変化をチェック。
すると、上記のすべての動きにおいて、ほぼ痛みはなくなりました。
痛みが随分軽くなったので、昨日できなかった猫背の矯正も行いました。

3回目の施術

3回目は2日後にお越しいただきました。
腰については、もうほとんど痛みはないとのことで、とても喜んでくださいました。
一応、前回までと同様の施術を行い、今回は猫背の矯正メインで施術をさせていただきました。

今回は、Dさんの症状に当院で採用している整体テクニックがぴったりはまっていたことと、間隔を詰めて数回お越しいただいたのが非常に良かったと思います。

今後は、猫背の改善をメインとして、腰痛の予防も兼ねたメンテナンスとして定期的に通われるそうです。

(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)