首が痛くて動かせない ─ M様(26歳・女性)

首が痛くて押さえる女性

Mさん(25歳・会社員・女性)は、2~3日前から首を左に倒したり、左を向いたりすると首に痛みが出るようになったそうです。そして今日は首を動かすこと自体もできなくなり、右肩を挙げるのも痛みを伴うようになってしまいました。

今回のようなことは初めてとのことでしたが、デスクワークが多く猫背になりがちで、数年前から肩、背中、腰にかけても重く、痛い感じがあるとのこと。
 
(施術↓)

アクティベーター

姿勢は少し猫背で巻き肩もあります。首というか上部胸椎に痛みがあるので、通常であれば手を使っての回旋矯正を行うのですが、今回は痛みが強いのでアクティベーターを使って上部胸椎を複数個所矯正しました。すると、少しは首を動かせるようになりました。
 
肩甲骨の動きが悪いため、モビリゼーションをして動きを付ける。背中全体の筋肉と関節が硬くこわばっているので、胸郭解放テクニックで筋肉と背骨、肋骨を緩め、さらに筋膜リリースで筋膜を緩める。
 
背中がある程度緩んで循環が良くなったところで、猫背矯正(ソフトに)!これで痛みの出る動きをしてもらうと、10→5くらい、つまり最初と比べて痛みが半減しました。でも、せっかくなのでもう少し楽にしてあげたい!
 
「動体療法」の首のテクニックと肩のテクニック、さらに仕上げとしてエネルギー療法を施すと、最初10→2か1くらいにまで痛みが減ったそうです。
 
今回は痛みが強かったので、できるだけソフトに施術を行いました。ソフトに行っても、もちろんちゃんと効果は出ます。痛みが強い時は炎症が起こっていることが多いので、慎重に進めていかなくてはなりません。
 
首、肩の痛みはかなり軽減しました。そして猫背もありましたが姿勢も随分良くなりました。まだお若いので姿勢も改善しやすいのです。あと1~2回の施術できっと全快するでしょう。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)