腰痛、首の痛み、肩の痛み ─ S様(37歳・男性)

郵便配達員腰痛、首の痛み、肩の痛みのお悩みで、郵便配達員のSさん(37歳・男性)がお見えになりました。すべての痛みが数か月続いており、なかなか良くならないので困っておられました。

検査をしてみると、腰は後ろに反らすと痛みが出ます。首は左を向くと首の左側と左肩に痛みが走ります。さらに左肩を上にあげる動作でも同じく首の左側と左肩に痛みが出ます。

(施術↓)

太もも周りと腰から背中にかけての筋肉が非常に硬く緊張しているので、筋膜リリースで緩める。肩関節(肩甲上腕関節と肩甲骨関節)の動きが悪いので(左右とも)モビリゼーション(関節の可動性を増やすための操作)を施す。第8胸椎が後方変位、また第1胸椎が後方変位+右後方変位を起こしているので、これを矯正。

仰向けのまま、左肩を最大限挙げてもらうと、首の左側と左肩に痛みが出るので、可動性の悪い上部・下部肋骨を矯正すると、痛みなくスムーズに上がるようになりました。肩というよりもよりも肋骨の問題だったんですね。

首については、第2頚椎の左後方変位を矯正。さらに左を向いた時の痛みについては、「動体療法」で即効で痛みが取れ、可動性も回復しました。やはりキネシオロジーを応用・発展させた動体療法は即効性があります!

最後に腰ですが、狭まっている椎間板を広げる施術と腰椎に適度な可動性を付ける施術を行うと、立って後ろに反らしても痛みは出なくなりました。後ろに反らして痛いのは、経験上ほとんどが椎間板の問題です。

立っていただいて、腰、首、肩の痛みが出るすべての動きをしていただいても、もはや痛みは出ません。初回の施術はここまで。

(2回目↓)

約1週間後にお見えになりました。初回の施術から2~3日はなんとなく違和感があったものの、その後とても調子が良くなり、今日も痛みは全くないとのことでした。一応メンテナンス的に、少し戻っている歪みを矯正し、緊張が残っている筋肉と筋膜をリリースしました。

数か月全く治らなかった腰痛、その他の症状があっさり良くなったので、もっと早く来れば良かったとおっしゃっていただきました。仕事がとてもハードなので、定期的に通われるそうです。