腰痛、背中の痛み ─ S様(30歳・男性)

腰痛で腰を押さえる男性腰痛と背中の痛みを訴えて、内装業を営むSさん(30歳・男性)がお見えになりました。数日前から腰と背中に違和感があったようなのですが、昨日、床を張り替える作業を一日中行っていたため、違和感が激痛に変わったようです。床の作業は普段でもあるにはあるのですが、一日中というのは久しぶりだったようです。

しゃがんでの作業というのは、草むしりなんかがそうですが、皆さんもきっと経験があるでしょう。長時間やっていると腰がきつくなりますよね。それが一日中ですからどれだけ大変か想像がつきますし、まして数日前から違和感があったのですから激痛になっても仕方がないかもしれません。

歩く分には何とか大丈夫ですが、物をひろう姿勢、後ろに反らす姿勢、仰向けに寝ていて起き上がる姿勢で痛みが出るようです。ギックリ腰の一歩手前というところでしょうか。

(施術↓)

うつ伏せになっていただくと、それだけで腰に痛みが出ます。脚長差があるので骨盤を調整すると、腰の痛みはなくなりました。背中の筋膜がかなり緊張しているので、「筋膜リリース」で緩める。腰椎の可動性が乏しいので、軽く矯正を行い正常な可動性を付ける。腰の痛みをかばってか、少し猫背っぽくなっているので、これも軽く矯正。さらに「動体療法」というキネシオロジーを応用したテクニックを使って椎間板の調整。大まかにはこれらのような施術を行いました。(他にも細かい施術は行っていますが、ここでは省略します)

以上で、上記の動きに伴う痛みをチェックしてみると、すべての動きにおいて痛みは消失していました。かなり痛い状態で来られたのがウソみたいに楽になり、Sさんは嬉しい反面驚かれていました。

動きに伴って痛いという症状をお持ちのお客様に対しては、「動体療法」がやはり一番効果があるように思います。ですので、当院では基本的なカイロの施術+動体療法という組み合わせをメインで行っています。

但し、内臓の調整が必要な方には内臓マニピュレーションを、頭蓋骨の調整が必要な方(自律神経に問題のある場合など)には頭蓋骨調整を行っています。痛みの症状はもちろんですが、内臓や自律神経の問題を抱えられている方も、一度当院にご相談ください。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)