腰痛、股関節痛、肩こり、頭痛 ─ E様(34歳・女性)

腰痛で腰を押さえる女性デスクワークと家事、子育てに追われるママ、Eさんは、このところ腰痛と右股関節の痛みが続いており、なかなか治まらないので困ってお見えになりました。また仕事で日々パソコンと向き合っているので、職業病ともいえる肩こり、頭痛(後頭部)も慢性的にあります。
 
腰は、立って後ろに反らしたときに腰の右側に痛みが出ます。また、仰向けで両膝を立てた状態から左に倒すときも同様に腰の右側に痛みが出ます。右股関節は、膝を胸に引き付けるときと、開排(股関節を外に開く動き)時に痛みが出ます。
 
 
(施術↓)
 
骨盤にゆがみはなかったので、先に肩こりと頭痛の施術から始めます。少し猫背と巻き肩があるので、これらを矯正し、コリを感じている僧帽筋をリリース。肋骨を緩め、肩関節の可動性をアップ。第2頚椎に左後方変位(サブラクセーション)が見られるので、これをアクティベーターで矯正。これらの施術で肩こりと頭痛は解消しました。
 
次にメインのお悩みである腰と股関節の施術に入ります。まず下肢の筋肉の緊張を緩めます。次に仙骨と腰椎ならびに椎間板の調整を行います。(長時間のデスクワークのため椎間板が狭くなっており、可動性がかなり減少していました。)これだけで腰の痛みはほぼ完全に取れました。
 
股関節はまだ少し痛いとのことでしたので、動体療法というキネシオロジー(運動機能学)を応用したテクニックを施しました。そうすると股関節の痛みも完全に取れました。
 
 
施術が終わって、すべての症状が解消したことを2人で喜んだのですが、Eさんから、「今から会社に戻って、もう少し仕事をしないといけないのです。」とのこと。もう18時過ぎているのに( ;∀;)
 
さらに、仕事が終わっても家事が待っているので、お母さんって本当に大変ですし、すごいと思います。また困ったときは、てらだカイロがいつでも力になりますよ。