交通事故による首と腰の痛み ─ R様(40歳・女性)

むち打ち症で悩む女性

約3か月前に友人の運転する車に乗っていたところ、友人が運転を誤って交通事故を起こしてしまい、Rさん(40歳・女性)は首と腰を痛めてしまいました。これまで3か月間、整形外科のリハビリに通っていましたが、首も腰もなかなか改善しないということで、当院にお見えになりました。

実はRさんは、交通事故に遭う少し前に当院で長年の腰痛を治療し、1~2回でほぼ完治したばかりでした。それにしましても、なんという不運なのでしょうか!
 
 
(検査&施術↓)
 
首は、頭を右に倒すときと、左を向くときに首の左側に痛みが出ます。腰は、立位で腰を後ろに反らすときと、仰向けで両膝を立ててお尻を持ち上げるときに腰と背中に痛みが出ます。
 
首の痛みについては、第1胸椎と第7頚椎が右回旋変位を起こしており(つまり後ろにある突起が左に捻じれている)、これらが原因で痛みが起こっていることが分かりました。これらをアクティベーターで矯正すると、上記の動きでの痛みが激減しました。残った痛みは「動体療法」でほぼ消失しました。

アクティベーター

腰と背中の痛みについては、まず後方にせり出してきている下部胸椎を前方に押し込む矯正を行いました。これだけでもかなり楽になりましたが、まだ少し残っているようです。あとは、これも動体療法で残りの痛みが消えました。
 
今回は交通事故による外傷からくる痛みなので、初めのうちはまた痛みが戻ってくることが予想されます。ですので、2日おきにあと2回来ていただくことにしました。
 
 
2日後にお越しいただきました。首については、もう全く痛くありません。腰は随分減ったものの、少し痛みが戻ってきたようです。
 
首が楽になると、長年患っている頭痛が気になるとのことです。この頭痛は、かなり前にこれも友人が運転する車の助手席に乗っていて、友人が運転ミスをして事故を起こし、左前頭部をサイドウインドウに強打して以来、常に頭痛があるそうです。以前腰痛で当院にお見えになったときはこの話はされなかったので、Rさんが頭痛持ちとは気づきませんでした。
 
原因を探ると、第2頚椎にサブラクセーション(関節機能障害)が見つかったので、こちらを矯正。これで、長年治まらなかった頭痛が消えました。腰痛は前回と同じ施術を行い、痛みは消失しました。
 
あと1回(場合によってはあと2回?)の施術でほぼ全快するでしょう。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)