デスクワークによる足のむくみ ─ K様(52歳・女性)

足のむくみ

長時間のデスクワークで足がむくんで困っているとのことで、会社員のKさん(52歳・女性)がお見えになりました。

さらに先日、数時間かけて庭の草むしりをしたところ、むくみだけでなく足首周辺に痛みまで感じるようになったというのです。そして足首の不調により歩くのにも少しですが支障が出てきているようです。

施術

ふくらはぎを触診してみると、確かにパンパンに張っています。長時間坐って仕事をしてるので血行不良を起こし、静脈血とリンパが心臓に戻りきらないで、ふくらはぎの筋肉にとどまっているのです。
 
まずは、ふくらはぎの筋肉をほぐして大まかに血流の促進を図ります。これだけではすぐに戻ってしまうので他にもいろいろとやることがあります。あっ、もちろん骨盤と背骨の調整は言うまでもありませんね。基本施術としてこれは必ず行います。
 
全身の矯正・調整後、再度ふくらはぎにアプローチします。最近マイブーム?である「ツボ(経穴)」を使います。「動体療法」の応用となります。私がふくらはぎ用にアレンジしたものです。
 
下腿のツボである「合陽(ごうよう)」、「足三里(あしさんり)」、「築賓(ちくひん)」、「承山(しょうざん)」、「懸鐘(けんしょう)」などのツボを押圧したままで、Kさんに足首を数回回していただきます。これが結構痛いです(笑)。(あまりに痛い場合はツボを押さえる力を加減しますので、心配しないでくださいね。)むくみが強いほど痛みも強くなります。
 
そして、足首を関節の構造と筋肉の走行を加味しながら、ぞうきんを絞るような動きでゆっくりひねるように調整をします。通称「ぞうきん絞り」と私は呼んでいます(笑)。これを数回行います。以上で立って歩いていただきました。
 
「全然痛くない!それにむくみもすっきりしてる!」と驚くKさん。随分喜んでくださいました。
 
これでしばらくはむくみと足首の痛みは大丈夫でしょう。ただし、デスクワークなのでしばらく仕事をしているとまたむくんでくるでしょう。そういう場合は、ある程度筋肉を動かす必要があります。ウォーキングでも縄跳びでも良いので、毎日少しずつでも足の筋肉を鍛えるようアドバイスいたしました。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)