頭痛、肩こり、猫背 ─ T様(44歳・男性)

頭痛がつらく、こめかみを押さえる男性小学校の教員をされているTさん(44歳・男性)が、頭痛に悩まされお見えになりました。今回は脳神経外科でMRIを撮るために離島から鹿児島市内まで来られたのですが、幸いMRIでは異常が見つからなかったので、なかなか出て来られないということもありセカンドオピニオンとして当院の施術を受けに来られました。ここ2ヶ月ほど頭の右半分の痛みが治まらず、高枕のせいか肩こりもひどくなっているとのこと。

施術

まず脚長差の検査では、左短下肢。よって骨盤ブロックにて調整。

パソコンの長時間の使用、ならびに長年の「高枕」の習慣により、重度の猫背あり。骨盤から腰椎、胸椎と丁寧に時間をかけて調整し、少しずつ猫背が整っていきました。

全身的にゆがみが整えられたところで、ご本人の治癒力を高めるために、ソフトブロックを使い脳脊髄液の循環を促進しました。ソフトブロックによる調整前に、仰向けで両足を伸ばしたまま持ち上げると、重くてなかなか持ち上がりません。これは単純に「重い」ということだけでなくクライアントさんの治癒力が低下している証拠なのです。しかし面白いことに調整後は、足の重さは軽くなり簡単に持ち上げられるようになりました。

頚椎はストレートネックになっているために、円筒形の枕を首の下に入れ、頭の重さだけでしばらく放置。数分後頚椎の硬さは随分解消されているので、さらに十分な可動性が得られるようカイロ的手技で軽く調整。

以上で初回の施術は終了です。起き上がっていただくと、頭痛はほとんどなくなっていました。

その後

市内まではなかなか来られないので、せめて高枕をやめ、普段の姿勢も気を付けるようアドバイスしました。尚、ストレートネック矯正用の枕の購入も勧めました。

約10日後、市内に出てこられる用件があり、再度当院にお見えになりました。前回の施術以降、頭痛と肩こりが随分治まっているようです。またストレートネック矯正用の枕も購入し、使用しているとのこと。

ご自分でできることは続けていただき、また機会があれば当院の施術を受けられることをお勧めしました。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)