ストレートネック

本日、猫背とそれに伴う首の痛み、および頭のふらつきを訴える会社員の男性(20代前半)がお見えになりました。当院に入ってこられて姿勢を見ると、すぐにストレートネックだということが分かりました。
ストレートネックと正常な首話を聞くと、今年の初め頃仕事が忙しく、随分長い時間ノートパソコンで作業をしていたらしく、その時以来首と背中のゆがみがひどくなり、時折頭がふらふらするようになったとのことでした。

背骨に触れて検査すると、骨盤、腰椎、胸椎、頸椎すべてにサブラクセーションがありましたが、特に上部胸椎が後方にせり出しているのが目立っていました。これがストレートネックの主な原因です。

さらに言えば、背の高いこの男性がノートパソコンを使おうとすれば、どうしてもディスプレイをのぞき込むような姿勢に、つまり頭を下に下げながら顔を前に突き出すような姿勢になってしまいます。この姿勢により、上部胸椎が相対的に後方にせり出してきてしまうのです。

この上部胸椎を中心に必要な個所に矯正を加え、本日の施術が終わりました。

立っていただいて、姿勢を確認すると、最初は横から見たときに、顔を前に突き出すような姿勢だったのですが、施術後は、頭が十分に後方に下がり、ご本人も「頭がしっかり肩に乗ってる!」とおっしゃっていました。元々長身の方ですが、さらに背が高くなったようです。

ストレートネックは様々な症状を引き起こす現代病です。最近では「スマホネック」とも呼ばれ社会問題(?)になっているとか、いないとか。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)