むち打ち症1

主婦Aさん(32)が、交通事故による首、肩の痛みを訴え、来院された。交通事故に遭われたのは3年前で、後方から追突される。むち打ち症になり、整形外科、整骨院、鍼灸院、などで施術を受けるが、現在でも症状が回復していないとのこと。
 
検査をすると、腰椎と胸椎に数箇所サブラクセーションがあり、矯正。また第2頚椎も左後方変位を起こしており、これも矯正。骨盤はカテゴリーⅡで、ブロックにて矯正。呼吸が浅いので、肋骨全体に動きを付け、心膜はじめ、周辺の筋膜をリリース。
 
Aさんが症状を感じている僧帽筋、菱形筋、肩甲挙筋、後頭下筋を律動リズムに誘導し、リリース。
デスクワークなので、顔を突き出したような姿勢になりがち。気をつけるようアドバイスを行う。
 
2回目以降も同様の施術を行い、合計5回の施術で、ほぼ日常で症状が気にならないレベルにまで改善したとのこと。
 
今後は、少しずつ間隔をあけながらも、良い状態で過ごせるよう定期的なカイロ施術をお勧めする。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)
追突事故を起こした車のイラスト