整骨院とカイロの違い

お客様から良く聞かれる質問の1つに、「整骨院とカイロってどう違うの?」というものがあります。
今回は、この質問についてお答えしましょう。さらに、これからの日本の医療のあり方にも触れていきたいと思います。

理想は病院、整骨院、カイロ院の連携 

整骨院は、骨折、脱臼、捻挫、打撲、打ち身、くじき、などに対する処置を行います。つまり、器質的外傷(組織の損傷)に対しての処置です。整形外科での処置に準ずるものだといえるでしょう。準ずるというのは、外科手術までは法的に認められていないということです。
 
一方、カイロは上記のような組織の損傷を伴う外傷に対しては施術のしようがありません。もし、そのようなお客様が来られたら、整形外科を受診することを勧めるでしょう。カイロでは、それらの損傷が治癒したにもかかわらず、まだ痛みが残っていたり、あるいは、外傷はなくレントゲンやMRIにも異常が見られないにもかかわらず、痛みが出ている場合に効果を発揮します。
 
カイロではレントゲンやMRIに映らない原因を見つけて施術することができるからです。痛みを起こしているのは、神経伝達に異常があるからです。神経伝達を妨げている背骨や頭蓋骨のゆがみ、筋肉の過収縮、内臓の機能低下などを正常に戻す施術をします。
 
そのようなわけで、病院や整骨院が万能というわけではなく、カイロも万能というわけではありません。それぞれに得意分野があるというだけです。理想は、病院や整骨院、カイロ院が連携をして、お客様の症状を解決して行くことが最もお客様の利益につながるのです。

医師と手技療法家との協力体制が必要 

カイロプラクターの私としては、病院や整骨院の先生に、カイロの方が効果が上がるかもしれないと思われるお客様には、カイロ施術を勧めてあげてほしいと思います。カイロの先生もカイロの範疇を超えているお客様については、無理に囲い込もうとするのではなく、専門医の受診を勧めてあげる方がお客様の利益につながります。
 
カイロの発祥の地、アメリカでは総合病院の中にカイロプラクティック科というものがあります。つまり、カイロ施術がいかに有益であるかということが広く認知されているのです。さらに、顎関節症のお客様に対しては、カイロプラクターと歯科医が連携して治療を行うシステムもあります。日本もいつかそうなればいいと思います。
 
日本の医師や私たち手技療法家も自分以外の医療を否定し排斥するのではなく、優れている面を認め、協力し合う体制作りが必要だと思います。お客様が早く良くなればお客様の利益になりますし、医療費の削減にもつながりますからね。

全国のカイロプラクターの先生方へ 

カイロプラクティック師

最後に、全国のカイロプラクターの先生方へ。病院や整骨院で手に負えないお客様がいたら任せてもらえるように、我々カイロプラクターはお医者さんに負けないくらい勉強をし、技術を磨く必要があります。そうでなければお医者さんも我々を頼りにしてはくれません。
 
日本のカイロプラクティックは平均的に見れば、アメリカよりまだまだレベルが低いといわれています。腕の良い先生はいるにはいるけれど、そうでない先生も少なくないということでしょう。
 
日本でカイロプラクティックの看板を掲げている先生方。もっと勉強をしましょう(私はもちろん)。神経系の賦活による健康の回復こそが、本来のカイロの目指すところです。
 
カイロはマッサージではありません。マッサージや電気治療に逃げないで下さい。私にもかつてそういう時期がありました。でも今は違います。カイロの独自性と有益性、芸術性、哲学が分かってきたからです。
 
これからカイロが、そして自分自身がどこまで成長できるのか楽しみです。