メタボリック・シンドロームとは

最近、お腹周りを気にしている方がとても多いように思います。この頃様々なメディアでも取り上げられるようになりましたね。「メタボリックシンドローム」という言葉は、皆さんも良くご存知でしょう。しかし、その定義まではご存知でない方も多いでしょう。そこで、今回はこのメタボリックシンドロームについてお話したいと思います。
 
肥満になると、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧が合併して発症しやすくなります。これらを生活習慣病といいますが、生活習慣病は動脈硬化を発症させ、促進します。
 
それぞれの病気が軽度でも、2つ以上重なるとリスクが何倍にも増え、動脈硬化が進行します。しかも、糖尿病、脂質異常症、高血圧はほとんど自覚症状がないため、放置してしまうことが少なくありません。そして、ある日突然心筋梗塞脳卒中など、命にかかわる疾患に襲われることが問題となっています。動脈硬化がこれらの疾患を引き起こすのです。
 
そこで、肥満が原因となって、一つ一つは病気と診断されなくても生活習慣病が複数になる場合をメタボリックシンドロームとして注意がよびかけれらています。40歳以上の男性の2人に1人、40歳以上の女性の5人に1人はメタボリックシンドロームだといわれています。先ほども言いましたように、進行すると心筋梗塞や脳卒中に発展することもあります。ウエスト周りが、男性で85cm以上、女性で90cm以上は要注意です!
 
ウエストサイズがこのサイズを超えていて、次の①~③のうち2つ以上に当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。
  1. 中性脂肪 150mg/dL以上 または HDLコレステロール40mg/dL未満
  2. 空腹時血糖値 110mg/dL以上
  3. 血圧 最高血圧 130mmHg以上 または 最低血圧 85mmHg以上
肥満は、食事の欧米化、運動不足が主な原因です。今回の記事でメタボリックシンドロームの本当の怖さは、実は動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中だということがお分かりいただけましたでしょうか。
 
メタボリックシンドロームは、予防が可能です。「ちょっと自分も危ないかも」と感じた方は、食事を和食中心、野菜中心、魚中心にすることと、適度な運動を始められることをお勧めします。
メタボリックシンドロームの家族