JR鹿児島中央駅より徒歩2分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


スマホの使い過ぎによる腱鞘炎 ─ Y様(56歳・女性)

腱鞘炎で患部を押さえる女性
洋服の販売の仕事をされているY様(56歳・女性)が、2ヶ月前から左手の親指の付け根の腱鞘炎に悩まされ、当院にお見えになりました。
2ヶ月の間、整形外科にも通われたのですが、改善が見られないそうです。
 
整形学検査法のひとつである「フィンケルスタインテスト」を行うと、手首の親指側の側面にはっきりと疼痛が出現しました。
どうやら腱鞘炎の中でも最もポピュラーな「狭窄性腱鞘炎(ド・ケルバン病)」であることが分かりました。
 
 
フィンケル・スタインテスト
(施術)
 
左前腕を構成する橈骨と尺骨との間の動きの検査をすると、回内(内回し)方向へはスムーズに回りますが、回外(外回し)方向へは制限があります。
ですので、まずは前腕の回外方向への矯正を施しました。
これだけでも、先ほどの検査での痛みが半減しました。
 
次に、硬く緊張して疼痛を起こしている2つの筋肉「短母指伸筋」と「長母指外転筋」の筋膜を慎重にリリースして(緩めて)いきます。
これで、同様の検査をしても痛みはほぼ出なくなりました。
 
最後に、仕上げとしてテーピングをしました。
手首をいろいろと動かしていただきましたが、痛みは一切出ません。
 
 
手首が回外しにくかったので、もしやと思って、
「もしかして、スマホを結構使ったりしてます?」
「・・・はい。ゲームにはまってます・・・。」
とちょっと言いにくそうに答えていました。
なるべく長時間のスマホ操作は控えるようお願いしました。
 
 
他にも慢性化している腰痛がありました。
立位から後ろに反らすと痛みが出ます。
ついでにこちらも施術をさせていただきました。
もちろん最後には、立って後ろに反らした時の痛みはなくなりました。
 
 
腱鞘炎については、あと2回くらい施術を繰り返すとほぼ完治するでしょう。
(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-303号室
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 8:30~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ