JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


ひざが痛くて正坐ができない

hiza1.jpg
右ひざに水が溜まり、痛くて正坐ができないというお悩みで、会社員のNさん(38歳・男性)がお見えになりました。
 
お話を伺ってみると、2つの原因が分かってきました。
一つ目は、長年「居合」をされていて、道場で長く正坐をする習慣がある上に、自宅でも主に正坐をしているとのことでした。
二つ目は、仕事でかなり重いものを持つので、その負荷が右ひざにかかっているようでした。
 
膝関節の可動域の検査をしてみると、最大屈曲の少し手前で痛みのためそれ以上曲げられません。
骨と骨とがぶつかって止まるような感覚はなかったので、変形性膝関節症ではなさそうでした。
 
まず骨盤と腰椎の検査をしましたが、これといった問題が見つからなかったので、ほぼひざだけの問題であると判断しました。
 
右ひざの脛骨大腿関節モーションパルペーション(関節の可動性の検査)をすると、本来ならなくてはならない適度な関節の遊び(ジョイント・プレイ)が乏しくなっているので、関節の遊びが十分になるように矯正を施しました。
hiza.gif
 
そして大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)の特に外側広筋が過剰な短縮(スパズム)を起こしているので、筋膜リリースを行い、筋・筋膜を正常化させました。
さらにその効果を持続させるためと、溜まった水(多くはありませんが)が引いていくようにテーピングを施しました。
 
以上で本日の施術は終了です。
 
最後に正坐をしてもらいました。
するとほとんど問題なく正坐をすることができました。
ご本人も驚かれていました。
 
今回は若い患者さんであり、膝関節に変形もなかったので、なんとか即効的に変化を出すことができました。
しかし高齢であったり、関節が変形していると、改善させるのは至難の業となります。
場合によっては、整形外科で人工関節の手術が必要になることもあるでしょう。

ひざに少しでも負担をかけないためには、
  • 正坐は極力減らし、なるべく椅子に坐って過ごす。
  • スクワットなどで太ももの筋肉を鍛える。

などを心がけることをお勧めします。
 

関連記事

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ