JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


腱鞘炎2

kenshoen.gif
新人ママのMさん(30代)が、左手親指の付け根の腱鞘炎のために来院されました。
痛みが出始めて2週間が経ちます。
何かふとした動作の時に強い痛みを感じるとのこと。
 
フィンケルスタインテストという狭窄性腱鞘炎の整形学検査を行うと明らかに痛みが強くなりました。
狭窄性腱鞘炎は、別名ドゥ・ケルバン病ともいわれ、「長母指外転筋」と「短母指伸筋」の腱が入っているトンネルが、滑膜の炎症によって狭くなり、腱が動く時に痛みが生じるものです。
 
フィンケルスタインテストは、患者さんに親指を中に入れて握りこぶしを作ってもらい、そのまま小指側に側屈させる検査です。
この時、腱が通っているトンネルに鋭い痛みが生じるならば、明らかに狭窄性腱鞘炎だと言えます。
どうやらMさんは、狭窄性腱鞘炎になってしまっているようです。
 
妊娠中または産後まもない時期は、女性ホルモンの影響で特に腱鞘炎になりやすいと言われています。
それと重なって赤ちゃんを抱っこしなければなりませんので、ますます腱鞘炎のリスクは高くなってしまいます。
 
 
さて施術に入っていくのですが、Mさんはフィンケルスタインテストを行うまでもなく、親指を曲げたり伸ばしたりするだけでも痛みが出ていました。気を付けなければならないのは、腱鞘炎が生じているトンネルの部分だけ施術しても、このようなケースはなかなか改善しないものです。
 
何にしてもまずは体全体のバランスを診なければなりません。
 
Mさんは長年ピアノを弾いていたこともあり、猫背、巻き肩、それに骨盤のゆがみもありました。
腱鞘炎を施術する前に、まずはこれらの矯正を行いました。
 
そうすると、この時点で左親指の曲げ伸ばしをしてもらうと、痛みが随分と減っていました。
つまり、痛みの原因は親指だけではなかったということです。
 
しかし、フィンケルスタインテストを再度行うと、最初よりはましになったものの、まだ痛みはあるとのことです。
ここからは上肢の施術に入っていきます。
 
前腕の筋肉を触診するとガチガチにこわばっていましたので、まず前腕の筋肉の緊張を取る施術を行いました。
そして、前腕の2本の骨(橈骨と尺骨)のアライメント調整、骨間膜の調整、手根骨の調整を行い、再度テストを行ってみると、少し引っかかりはあるものの、痛みはほとんどないとのことでした。
 
最後にテーピングを施し、初回の施術はこれで終了です。
 
 
Mさんは、現在までに数回施術に通われていますが、随分良くなっておられます。
子育ては大変ですが、これからも定期的にメンテナンスに通われるようお勧めしています。
 
関連記事
腱鞘炎

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ