JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


腰痛2

主婦Kさん。61歳。
image15.gif
背中から腰にかけての右側が、特に物を拾う姿勢で痛い。
右の股関節も開脚の動作をすると大腿部の内側に痛みが出る。
 
これまでも腰痛股関節の痛みを繰り返しており、病院や鍼灸院などに通われていたが、なかなか改善が見られなかったとのこと。
 
最初に腰痛になったのは、30歳の時。当時、保育園で保母さんのお仕事をされていた。
日々の仕事の中で園児を「抱っこ」する場面が多く、当時から腰痛には悩まされていた。
この頃、ひどいぎっくり腰を経験し、それ以来、増悪と寛解を繰り返すようになった。
 
視診、触診を行う。
 
骨盤に異常は見られないが、腰椎に顕著な歪みがあり、可動性も乏しい。
第3腰椎が右後方回旋変位と後方変位を併発していた。
30歳の時のひどいぎっくり腰の名残かもしれない。
 
この第3腰椎を手根で正常な方向に押圧を加え、可動性の正常化を目指す。
この時、弱い力で時間をかけて矯正を行う。
 
仰臥位で腸腰筋のトーヌス(緊張度)をチェック。右の腸腰筋に圧痛有り。
カウンターストレインで筋を正常化。
 
右の脊柱起立筋の過緊張を操体法とカウンターストレインを用いて施術。
 
右の股関節はファベレパトリックテスト(股関節の検査)で疼痛出現。
腸腰筋以外の周辺の筋には異常は見られない。
右股関節の頭蓋仙骨律動リズムをチェック。
明らかに律動が減弱していたので、正常な律動へ誘導する施術を行った。
この施術に2~3分かかったが、パトリックテストを行っても、痛みは誘発されない。
 
内臓正常。呼吸も正常。
あとは第1胸椎の矯正を行った。
 
以上で1回目の施術終了。
 
施術後、体前屈をしていただいた。わずかに痛みは残っているものの、大幅に軽減されたとのこと。
股関節の開脚での痛みも大幅に軽減。
 
しばらくは、なるべく痛みの出ない姿勢を心がけるようお願いした。
きっとこのまま回復に向かうものと思われる。
 
関連記事
腰痛
ぎっくり腰
股関節の痛み
筋・筋膜の調整』    

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ