JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


血液 『サラサラ』と『ドロドロ』

近年、高齢者に限らず若者の中にも中性脂肪コレステロール値の高い人が少なくありません。食事の欧米化や運動不足、不規則な生活、ストレスなどがその主な原因です。そのような人々の血液はドロドロになっています。あなたの血液はサラサラですか?それともドロドロですか?
 

血液とは? 

blood.gif
人間の血液の量は体重の13分の1と言われています。血液の種類には、赤血球、白血球、血小板、血漿(けっしょう)があります。
1回の脈拍ごとに60ccの血液が心臓から出て、動脈を通って、毛細血管を経て、全身にくまなく流れ、酸素と栄養を供給します。逆に全身の老廃物は、毛細血管から静脈を通って心臓に戻ります。
 
この血液循環のポンプ作用は心臓が担っています。また足の静脈血はふくらはぎの筋肉もポンプとして働き、心臓に押し戻します。「足は第二の心臓」と言いますが、まさしくその通りですね。
 

ドロドロの血液とは? 

血液中のコレステロールや中性脂肪のどちらか一方、もしくはその両方が増えすぎてしまうと、濃度が高く、粘着性の強い、いわゆる「ドロドロの血液」になってしまいます。血漿は糖分や脂肪分、アルコールの摂り過ぎなどでドロドロになっていきます。血球は、ストレスを受けると活性酸素が増えて、血球が連結して毛細血管に引っかかるようになります。
 
血液がドロドロになる原因をもう少し詳しく挙げてみます。
ストレス、過食、間食、アルコールの摂りすぎ(脱水促進)、喫煙、脂っこい食事、肉類の摂りすぎ、糖分の摂りすぎ、などが考えられます。
 
血液がドロドロになると、血液が流れにくいのでそれだけ血圧が高くなります。さらに高脂血症、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、脳血栓などのリスクが高くなります。
 

血液をサラサラにするためには? 

血液をサラサラにするために有効な方法は数え切れないほどたくさんありますが、ここでは今日からでもすぐに実践でき、効果の出やすい方法のみをピックアップしてご紹介しますね。
 
  • 有酸素運動やストレッチ→血液循環を良くする。
  • 十分な睡眠(7~8時間)
  • やや少な目の食事(腹六~七分)
  • 夜のうちに湯船に浸かる。但し長風呂はお勧めしません。
  • 十分な水分を摂る。入浴後や睡眠中に血液がドロドロになる傾向があるので、入浴前後と就寝の1時間前に適度の水分を摂る。ジュースは糖分が多く、ビールなどのアルコールやコーヒー、紅茶は利尿作用が強いので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクが良い。
  • ストレスを避け、リラックスできることをする。
  • 納豆、青魚の刺身、たまねぎ、りんご、麦茶、食物繊維やビタミンの豊富な食事を積極的に摂る。
参考になりましたか?できることから早速試してみてくださいね。
なお、自分の血液がサラサラなのかドロドロなのかを調べるには専用の装置で検査する必要があります。インターネットで「血液サラサラ検査 鹿児島市」などのキーワードで検索するとその設備のある病院が表示されますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?
 
関連記事

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ