JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


腸内環境

突然ですが、あなたの腸は元気ですか?『腸内環境』は健康ですか?
ストレスや食事の欧米化などが原因で、便秘や下痢などの腸のトラブルに悩まされている人が少なくありません。
 

腸内細菌とは? 

washoku.gif
昔、まだ日本人が「和食」中心の生活をしていたときは、現在ほど腸のトラブルは多くはありませんでした。それがいつしか食事が欧米化し、肉やファーストフードなどの脂肪が多く、食物繊維の少ない食事を摂る比率が増えてきました。それに比例して腸のトラブルも増えてきたようです。 
さらに昔の日本人は胃がんが多かったらしいですが、近年では大腸がんが増えてきているそうです。これも食事の欧米化と関係がありそうですね。
 
腸内には、400~500種類の細菌が住んでいます。腸内細菌には善玉菌悪玉菌があります。善玉菌の代表は乳酸菌の1つであるビフィズス菌で、悪玉菌の代表は大腸菌ウェルシュ菌などです。
 
これらの細菌はバランスを保ちながら絶えず増殖しています。便秘や下痢はこのバランスが崩れた時に起こることが分かっています。主に大腸菌の仕業だといわれています。
 
赤ちゃんは、生まれてすぐの頃は腸内細菌のほとんどがビフィズス菌ですが、成長とともにだんだんと少なくなり、年齢を重ねると悪玉菌が増えてくるそうです。
 

善玉菌を上手に増やそう! 

善玉菌を増やすには、乳酸菌製品、食物繊維、発酵食品、そしてビフィズス菌の大好物であるオリゴ糖を摂ることが不可欠です。
 
乳酸菌は、食物繊維や糖を分解して、酪酸や酢酸をつくり、腸内を酸性にします。悪玉菌は酸性が苦手なので、その度合いが高まれば悪玉菌を減少させることができます。
またこれらの酸は、腸のぜん動運動を活発にさせ、便秘を予防します。
乳酸菌はヨーグルト、納豆、漬け物などに多く含まれています
 
食物繊維を十分に摂ると、腸内の必要のないものを掃除してくれます。そして善玉菌の住み着きやすい環境を作ってくれます。さらに食物繊維が大腸に届くと酪酸、酢酸、プロピオン酸などの酸を作り、腸内環境を酸性に傾かせ、悪玉菌が増えるのを防ぎます。
前述しましたが、酸は腸を刺激して便通を良くします。
 
オリゴ糖は消化されにくい糖なので、胃や腸を通過し、乳酸菌のいる大腸にそのままたどりつきエサとなります。これを食べて乳酸菌が活発化し増殖していくわけです。
オリゴ糖は多くの食品に含まれていますが、含有量が少ないので特定保険食品として市販されているオリゴ糖を使われたほうが効率はいいでしょう。
 
onaka.gif
反対に悪玉菌が増えやすい原因としては、ストレス、肉中心の食事、食物繊維の少ない食事、ダイエットによる小食などがあげられます。
 
できるだけ、ストレスを減らし、腸に良い物を摂ることを心掛けましょう。
 
関連記事

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ