JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


正しい歩き方は、正しい靴選びから!

clip_image00214.jpg
歩き方を見直そう!」のページはもうお読みになりましたか?
 
今回はそれに関連して、「正しく歩くための靴の選び方」についてご紹介していきますね。
 
靴の選び方についてはポイントが二つあります。
 
まず、靴底に弾力があること。地面から足が離れようとする直前、足底が反るような動きになりますが、これが足にとってとても重要です。
 
足の関節(かかとから指まで)に、「反る」という運動をさせてあげることは、とても大切なことなのです。
 
底の硬い靴ばかり履いていると、徐々にかかとから指までの関節の可動性が減少し、「反る」動きが困難になり、正しい歩き方が出来なくなります。
 
その影響を受けて、骨盤に歪みが生じるようになります。
 
歩きに不安があるために、無意識に前傾姿勢をとるようになります。そうして背骨もだんだんと猫背になってくるのです。
 
ですから、まず靴底に適度な弾力がある靴を選びましょう。
 
次のポイントは、つま先が広いこと。これも、足の指の自由な可動を妨げないようにするためです。つま先の狭い靴だと足の指を締め付けて可動性をなくしてしまいます。
 
先ほども言いましたように、正しく歩くためには足の全ての関節がよどみなく可動できる必要があるのです。   
 
靴についてもうひとつ付け加えるなら、底のすり減った靴を、いつまでも履き続けないようにして下さい。
 
歩き方によって靴にも癖がつくものです。悪い癖がついた靴ならば、歩き方にいくら気をつけても、靴の影響を受けてなかなか改善しないということになります。
 
ハイヒールを履きすぎると良くないことは皆さんもご存知でしょう。
 
実はブーツを一日中履くのも良くありません。とても大事なことを言いますが、ブーツは足首を固定しすぎるのです。強い固定ではないにしても、毎日長時間履き続けると、だんだんと足首の関節の可動性が減少してきます。
 
そうすると先に述べたように、関節がうまく動かないがゆえに正しい歩き方が出来なくなります。
 
そしてその悪い影響が骨盤、背骨を通して全身に広がることになります。 
 
女性の方にはちょっとかわいそうですが、一応知識として知っておいた方がいいでしょう。
 
ハイヒールもブーツも通勤の時だけとか、ちょっとお出かけの時だけなら構いませんが、一日中、あるいは毎日長時間は履かないよう気をつけることをお勧めします。
 
皆さんもこれからは、正しい歩き方を習慣にしましょう。
 
そうすればおのずと体は快適になり、笑顔が増え、毎日が楽しくなりますよ。
 
関連記事

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ