JR鹿児島中央駅より徒歩1分、痛みの根本原因から取り除く整体院です。

てらだカイロプラクティック院


腰椎分離症

腰椎は前半分の椎体と後ろ半分の椎弓からなります。
椎体と椎弓の間には椎弓根があります。
この椎弓根が骨折、または欠損していることを「分離」といい、それが原因で腰痛や下肢への放散痛、シビレなどの症状が出ている場合を「腰椎分離症」といいます。
分離していたとしても全く無症状のこともあります。
分離を引き起こす後発部位は第5腰椎が最も多く、続いて第4腰椎です。
分離を起こした腰椎は骨による制限が失われるため、前方(お腹側)へすべることがあり、これを「腰椎すべり症」といいます。重症化すれば腰椎椎間板ヘルニアと同じく、神経根を圧迫して下肢痛が出現します。
bunri1.gif

分離が発生する原因 

発生頻度に人種差があること、同一家系からの発生が見られることから先天性とする説と小児期にスポーツを繰り返し行ったことによる椎弓の疲労骨折が原因ではないかとする後天性説の二つの説があります。
スポーツ選手に多いこともあって、現在では後天性とみる説が有力になっています。
成人の腰椎分離症は、小児期に起こった分離が無症状のまま経過し、加齢とともに分離部に変性が加わって症状を発症させると考えられています。
 

腰椎分離症の症状 

主な症状は腰痛です。長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続けたり、重いものを持ったりした後に痛みが強くなります。
このように分離が起こっている腰椎部自体にも痛みが起こりますが、分離した椎体の前方すべりによる神経圧迫(脊柱間狭窄)が起こっている場合には、下肢痛、坐骨神経痛が起こります。圧迫されている神経根の支配領域に放散痛、知覚障害、シビレ、筋力低下が生じます。
ですので、分離している椎体を後ろから前へ押したり、あるいは立位で腰を後ろに反らす姿勢で分離部は前方へすべってしまい、前述の症状がより悪化します。
 

腰椎分離症の診断 

レントゲン検査で斜位像を撮ることでほぼ確定診断が可能です。
図2と図3はレントゲン写真ではなくイラストですが、これを見ると分かりやすいと思います。
図3のようにななめ後方からレントゲンを撮ると、腰椎の椎弓部分に分離があるかどうかが明確に分かります。
更に詳細な情報が必要なときは、CTやMRIなどの検査を行います。

bunri2.gif

腰椎分離症の治療 

保存療法
十五歳以上の若年者では、分離を起こしてもすぐであればコルセット装着により分離部が癒合する場合もありますがきわめてまれです。たいていは分離に気付かず、時間が経過した後に発見されることが多いため、分離を確実に癒合させる保存的な方法はありません。
しかし、分離はあっても痛みだけでも軽減できるよう、投薬治療、コルセット装着、抗炎症剤、筋弛緩剤の投与などを行い、痛みが強い場合には神経ブロック療法を行います。
またリハビリテーションとして、温熱療法、腰のストレッチング、筋力強化訓練(特に腹筋)などを取り入れていきます。
当院で行っているカイロ施術も保存療法に含まれます。
 
手術
保存療法によっても症状が軽減せず、日常生活に支障がある場合は最終手段として手術を行います。
手術の方法は、病態によっていくつかありますが、分離している箇所に骨を移植して癒合させたり、腰椎の分離部を固定させたりします。
 

日常での注意点 

腰椎分離症のある人が日常で気をつけるべきことをいくつか挙げてみます。
  1. 重いものを持ったり、腰に負担のかかる体勢を取らないこと。
  2. 体重を増やさないこと。体重が標準より重い場合は少しでも体重を落とすこと。
  3. 運動は症状が出ていなければ行っても良いが、痛みがある場合は運動を控えること。
  4. 痛みの強い場合は別として腹筋運動をおすすめします。症状が出にくくなります。

整形外科の先生に、「手術しかないですね。」と言われ・・・。

西田 妙子 様 57歳 女性 会社役員

「すべり症」と診断を受けたのが8年程前。
整体(気功)を受けた直後、ひどい腰痛と左下肢のしびれで、このまま歩けなくなるのではないかと思うほど。整形外科の先生から、「手術しかないですね。」と言われたのでした。
それからは、腰痛に関する事を本やインターネットで調べ、針灸・ジム(体幹強化)などで、しびれや痛みも軽減し、このまま治っていくかと思っていたのですが、それ以上よくならなくて、インターネットで以前より気になっていたカイロの文字に目が留まり、先生にお願いしたのです。
すると、どうでしょう!!ほんとに優しい施術で、少しずつ骨の歪みを整えて下さり、骨盤の矯正をしてもらい、それだけで痛みがなくなっているではありませんか。
ほんとに不思議な感覚に、体の歪みだけでなく、先生にお会いするだけで心もまっすぐ歪みを取っていただいた気分になるほどです(笑)。
でも、日常の悪い姿勢などで痛みが出てくることもあり、そのたびに矯正していただいて、本当にありがたく思っております。
今後も、ずっとお世話になっていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

院長のコメント

嬉しいメッセージをいただき、ありがとうございます。
私と同業である整体の先生の施術によって腰痛が悪化し、「腰椎すべり症」になってしまわれたことをとても残念に思いますし、長い間、本当に辛い思いをされましたね。
すべり症は、骨の一部が連続性を絶たれた状態ですので、すべり症そのものを治すことはできませんが、痛みをいかにして軽減させるかに重点を置いて施術させていただきました。
西田さんご本人も体幹強化のためのトレーニングを続けておられますし、当初は毎週来院されていました。その努力が実り、随分痛みが軽減されたようです。
そして現在でもメンテナンスのため2週に1度、来院されています。
人生の先輩である西田さんには、いつもいろいろと教えていただき、頼りにさせていただいております。こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

てらだカイロプラクティック院のご案内

住      所:
〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町20-11-3F
アクセス:
JR鹿児島中央駅、アミュプラザより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-258-8021
受付時間:
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
定休日:
日曜日・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ